WHITE CINE QUINTO|渋谷パルコ/シネクイント

プリシラ
i ai (アイアイ)
哀れなるものたち
渋谷パルコ営業時間外のご来場方法について
4回見たら1回無料!
FOOD&DRINK MENU

INSTAGRAM インスタグラム

  • 『#異人たち』シネクイントにて4月19日(金)より公開🎬
⁡
12歳の時に両親を交通事故で亡くし、孤独な人生を歩んできた40歳の脚本家アダム。ロンドンのタワーマンションに一人で住む彼は、両親の思い出をもとにした脚本の執筆に取り組んでいる。ある日、幼少期を過ごした郊外の家を訪れると、そこには30年前に他界した父と母が当時のままの姿で暮らしていた。それ以来、アダムは足しげく実家に通っては両親のもとで過ごし、心が解きほぐされていく。一方、彼は同じマンションの住人である謎めいた青年ハリーと恋に落ちる・・・
⁡
「SHERLOCK シャーロック」のアンドリュー・スコットが主人公アダム、 『aftersun アフターサン』のポール・メスカルがハリー、『リトル・ダンサー』のジェイミー・ベルと『ウーマン・トーキング 私たちの選択』のクレア・フォイがアダムの両親をそれぞれ演じた。
⁡
日本を代表する名脚本家・山田太一の長編小説「異人たちとの夏」を、『荒野にて』『さざなみ』のアンドリュー・ヘイ監督が映画化。1988年に日本でも映画化された喪失と癒やしの物語を、現代イギリスに舞台を移してヘイ監督ならではの感性あふれる脚色と演出で描き出す。
⁡
監督:#アンドリューヘイ
出演:#アンドリュースコット、#ポールメスカル、#ジェイミーベル、#クレアフォイ 他
  • 『#異人たち』シネクイントにて4月19日(金)より公開🎬
⁡
12歳の時に両親を交通事故で亡くし、孤独な人生を歩んできた40歳の脚本家アダム。ロンドンのタワーマンションに一人で住む彼は、両親の思い出をもとにした脚本の執筆に取り組んでいる。ある日、幼少期を過ごした郊外の家を訪れると、そこには30年前に他界した父と母が当時のままの姿で暮らしていた。それ以来、アダムは足しげく実家に通っては両親のもとで過ごし、心が解きほぐされていく。一方、彼は同じマンションの住人である謎めいた青年ハリーと恋に落ちる・・・
⁡
「SHERLOCK シャーロック」のアンドリュー・スコットが主人公アダム、 『aftersun アフターサン』のポール・メスカルがハリー、『リトル・ダンサー』のジェイミー・ベルと『ウーマン・トーキング 私たちの選択』のクレア・フォイがアダムの両親をそれぞれ演じた。
⁡
日本を代表する名脚本家・山田太一の長編小説「異人たちとの夏」を、『荒野にて』『さざなみ』のアンドリュー・ヘイ監督が映画化。1988年に日本でも映画化された喪失と癒やしの物語を、現代イギリスに舞台を移してヘイ監督ならではの感性あふれる脚色と演出で描き出す。
⁡
監督:#アンドリューヘイ
出演:#アンドリュースコット、#ポールメスカル、#ジェイミーベル、#クレアフォイ 他
  • 『#異人たち』シネクイントにて4月19日(金)より公開🎬
⁡
12歳の時に両親を交通事故で亡くし、孤独な人生を歩んできた40歳の脚本家アダム。ロンドンのタワーマンションに一人で住む彼は、両親の思い出をもとにした脚本の執筆に取り組んでいる。ある日、幼少期を過ごした郊外の家を訪れると、そこには30年前に他界した父と母が当時のままの姿で暮らしていた。それ以来、アダムは足しげく実家に通っては両親のもとで過ごし、心が解きほぐされていく。一方、彼は同じマンションの住人である謎めいた青年ハリーと恋に落ちる・・・
⁡
「SHERLOCK シャーロック」のアンドリュー・スコットが主人公アダム、 『aftersun アフターサン』のポール・メスカルがハリー、『リトル・ダンサー』のジェイミー・ベルと『ウーマン・トーキング 私たちの選択』のクレア・フォイがアダムの両親をそれぞれ演じた。
⁡
日本を代表する名脚本家・山田太一の長編小説「異人たちとの夏」を、『荒野にて』『さざなみ』のアンドリュー・ヘイ監督が映画化。1988年に日本でも映画化された喪失と癒やしの物語を、現代イギリスに舞台を移してヘイ監督ならではの感性あふれる脚色と演出で描き出す。
⁡
監督:#アンドリューヘイ
出演:#アンドリュースコット、#ポールメスカル、#ジェイミーベル、#クレアフォイ 他
  • 『#プリシラ』ホワイトシネクイントにて4月12日(金)より公開🎬
⁡
「ロスト・イン・トランスレーション」「マリー・アントワネット」のソフィア・コッポラ監督が、エルビス・プレスリーの元妻プリシラが1985年に発表した回想録「私のエルヴィス」をもとに、世界的スターと恋に落ちた少女の日々を描いたドラマ。#A24 が北米配給を担当。
⁡
14歳の少女プリシラはスーパースターのエルビス・プレスリーと出会い、恋に落ちる。やがて彼女は両親の反対を押し切って、大邸宅でエルビスと一緒に暮らし始める。これまで経験したことのない華やかで魅惑的な世界に足を踏み入れたプリシラにとって、彼のそばでともに過ごし彼の色に染まることが全てだったが……。
⁡
「パシフィック・リム アップライジング」のケイリー・スピーニーが主人公プリシラの心の変遷と外見の変化を繊細に演じ、2023年・第80回ベネチア国際映画祭で最優秀女優賞を受賞。「Saltburn」「キスから始まるものがたり」のジェイコブ・エロルディがエルビスを演じた。フランス出身のロックバンド「フェニックス」が音楽を手がけ、美しく精巧な美術とともに1960~70年代の空気を再現。
⁡
監督:#ソフィアコッポラ
出演:#ケイリースピーニー、#ジェイコブエロルディ、#ダグマーラドミンスク 他
  • 『#プリシラ』ホワイトシネクイントにて4月12日(金)より公開🎬
⁡
「ロスト・イン・トランスレーション」「マリー・アントワネット」のソフィア・コッポラ監督が、エルビス・プレスリーの元妻プリシラが1985年に発表した回想録「私のエルヴィス」をもとに、世界的スターと恋に落ちた少女の日々を描いたドラマ。#A24 が北米配給を担当。
⁡
14歳の少女プリシラはスーパースターのエルビス・プレスリーと出会い、恋に落ちる。やがて彼女は両親の反対を押し切って、大邸宅でエルビスと一緒に暮らし始める。これまで経験したことのない華やかで魅惑的な世界に足を踏み入れたプリシラにとって、彼のそばでともに過ごし彼の色に染まることが全てだったが……。
⁡
「パシフィック・リム アップライジング」のケイリー・スピーニーが主人公プリシラの心の変遷と外見の変化を繊細に演じ、2023年・第80回ベネチア国際映画祭で最優秀女優賞を受賞。「Saltburn」「キスから始まるものがたり」のジェイコブ・エロルディがエルビスを演じた。フランス出身のロックバンド「フェニックス」が音楽を手がけ、美しく精巧な美術とともに1960~70年代の空気を再現。
⁡
監督:#ソフィアコッポラ
出演:#ケイリースピーニー、#ジェイコブエロルディ、#ダグマーラドミンスク 他
  • 『#プリシラ』ホワイトシネクイントにて4月12日(金)より公開🎬
⁡
「ロスト・イン・トランスレーション」「マリー・アントワネット」のソフィア・コッポラ監督が、エルビス・プレスリーの元妻プリシラが1985年に発表した回想録「私のエルヴィス」をもとに、世界的スターと恋に落ちた少女の日々を描いたドラマ。#A24 が北米配給を担当。
⁡
14歳の少女プリシラはスーパースターのエルビス・プレスリーと出会い、恋に落ちる。やがて彼女は両親の反対を押し切って、大邸宅でエルビスと一緒に暮らし始める。これまで経験したことのない華やかで魅惑的な世界に足を踏み入れたプリシラにとって、彼のそばでともに過ごし彼の色に染まることが全てだったが……。
⁡
「パシフィック・リム アップライジング」のケイリー・スピーニーが主人公プリシラの心の変遷と外見の変化を繊細に演じ、2023年・第80回ベネチア国際映画祭で最優秀女優賞を受賞。「Saltburn」「キスから始まるものがたり」のジェイコブ・エロルディがエルビスを演じた。フランス出身のロックバンド「フェニックス」が音楽を手がけ、美しく精巧な美術とともに1960~70年代の空気を再現。
⁡
監督:#ソフィアコッポラ
出演:#ケイリースピーニー、#ジェイコブエロルディ、#ダグマーラドミンスク 他
  • 『#WEEKEND #ウィークエンド』シネクイントにて4月5日(金)より限定上映🎬
⁡
「『WEEKEND ウィークエンド』が⽇本で再公開されるということで、こんなに嬉しい出来事はないです。11 年前に作った時は誰も観てくれないのではないかと思っていたあの作品が、今も上映され、観ていただけて、観た⽅にとっても意味のある作品になっているなんて。⾃分の最初のメジャー作品ということもあって、⼀番誇らしく思える作品かもしれません。こうして今だに愛され、皆さんに響いているのですから。」
―――アンドリュー・ヘイ監督
⁡
金曜の夜、友人たちとのパーティのあとラッセルは一夜の相手を求めてクラブに立ち寄った。閉店時間近くに目を付けていたグレンを誘い出すことに成功し、彼と共に帰宅。そして、週末が始まる―。ライフガードとして働くラッセルとアーティストを目指す皮肉屋のグレン。お互いに欠けていたピースを満たすかのように、2人きりで話をして、愛を交わす。しかし尊いひとときは束の間、土曜の夕方、ラッセルはグレンからある事実を知らされる。
⁡
『さざなみ』『荒野にて』そして最新作『異人たち』(4/19公開)。新作を発表する度に評価を高め続けている現代の名匠アンドリュー・ヘイ。本作は2作目の長編作品であり、ロンドン映画批評家協会賞で新人監督賞ほか、世界中の映画祭で上映され多くの賞を獲得した。
⁡
『異人たち』の公開を記念して、伝説のラブストーリーがスクリーンによみがえる。
⁡
★4/5(金)~10(水)の期間限定上映
連日19:30の回
⁡
【鑑賞料金】
特別料金:1,300円均一
※各種割引適用不可
※招待券・無料券使用不可
※『異人たち』ムビチケ提示で1,000円に割引
⁡
監督:#アンドリューヘイ
出演:#トムカレン、#クリスニュー
  • 『#WEEKEND #ウィークエンド』シネクイントにて4月5日(金)より限定上映🎬
⁡
「『WEEKEND ウィークエンド』が⽇本で再公開されるということで、こんなに嬉しい出来事はないです。11 年前に作った時は誰も観てくれないのではないかと思っていたあの作品が、今も上映され、観ていただけて、観た⽅にとっても意味のある作品になっているなんて。⾃分の最初のメジャー作品ということもあって、⼀番誇らしく思える作品かもしれません。こうして今だに愛され、皆さんに響いているのですから。」
―――アンドリュー・ヘイ監督
⁡
金曜の夜、友人たちとのパーティのあとラッセルは一夜の相手を求めてクラブに立ち寄った。閉店時間近くに目を付けていたグレンを誘い出すことに成功し、彼と共に帰宅。そして、週末が始まる―。ライフガードとして働くラッセルとアーティストを目指す皮肉屋のグレン。お互いに欠けていたピースを満たすかのように、2人きりで話をして、愛を交わす。しかし尊いひとときは束の間、土曜の夕方、ラッセルはグレンからある事実を知らされる。
⁡
『さざなみ』『荒野にて』そして最新作『異人たち』(4/19公開)。新作を発表する度に評価を高め続けている現代の名匠アンドリュー・ヘイ。本作は2作目の長編作品であり、ロンドン映画批評家協会賞で新人監督賞ほか、世界中の映画祭で上映され多くの賞を獲得した。
⁡
『異人たち』の公開を記念して、伝説のラブストーリーがスクリーンによみがえる。
⁡
★4/5(金)~10(水)の期間限定上映
連日19:30の回
⁡
【鑑賞料金】
特別料金:1,300円均一
※各種割引適用不可
※招待券・無料券使用不可
※『異人たち』ムビチケ提示で1,000円に割引
⁡
監督:#アンドリューヘイ
出演:#トムカレン、#クリスニュー
  • 『#WEEKEND #ウィークエンド』シネクイントにて4月5日(金)より限定上映🎬
⁡
「『WEEKEND ウィークエンド』が⽇本で再公開されるということで、こんなに嬉しい出来事はないです。11 年前に作った時は誰も観てくれないのではないかと思っていたあの作品が、今も上映され、観ていただけて、観た⽅にとっても意味のある作品になっているなんて。⾃分の最初のメジャー作品ということもあって、⼀番誇らしく思える作品かもしれません。こうして今だに愛され、皆さんに響いているのですから。」
―――アンドリュー・ヘイ監督
⁡
金曜の夜、友人たちとのパーティのあとラッセルは一夜の相手を求めてクラブに立ち寄った。閉店時間近くに目を付けていたグレンを誘い出すことに成功し、彼と共に帰宅。そして、週末が始まる―。ライフガードとして働くラッセルとアーティストを目指す皮肉屋のグレン。お互いに欠けていたピースを満たすかのように、2人きりで話をして、愛を交わす。しかし尊いひとときは束の間、土曜の夕方、ラッセルはグレンからある事実を知らされる。
⁡
『さざなみ』『荒野にて』そして最新作『異人たち』(4/19公開)。新作を発表する度に評価を高め続けている現代の名匠アンドリュー・ヘイ。本作は2作目の長編作品であり、ロンドン映画批評家協会賞で新人監督賞ほか、世界中の映画祭で上映され多くの賞を獲得した。
⁡
『異人たち』の公開を記念して、伝説のラブストーリーがスクリーンによみがえる。
⁡
★4/5(金)~10(水)の期間限定上映
連日19:30の回
⁡
【鑑賞料金】
特別料金:1,300円均一
※各種割引適用不可
※招待券・無料券使用不可
※『異人たち』ムビチケ提示で1,000円に割引
⁡
監督:#アンドリューヘイ
出演:#トムカレン、#クリスニュー

WHITE CINE QUINTO ACCESS ホワイト シネクイント アクセス

ホワイトシネクイント WHITE CINE QUINTO
〒150-8377
東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコ8階
TEL:03-6712-7225

ホワイトシネクイントマップ
・スクリーン数
1スクリーン
・席数
108席+車椅子スペース各1

渋谷PARCO駐車場サービスは対象外です。
当館では、難聴の方の聞こえを支援するヒアリングループを設置しています。
A列、B列、C列のお座席にてご利用頂けます。
※補聴器の貸し出しはございません。