クーリエ 最高機密の運び屋

クーリエ 最高機密の運び屋

ベネディクト・カンバーバッチが主演を務め、キューバ危機の舞台裏で繰り広げられた実話を基に、核戦争を回避するべく奔走する男たちの葛藤と決断をスリリングに描いたスパイサスペンス。1962年10月、アメリカとソ連の対立は頂点に達し、キューバ危機が勃発。英国人セールスマンのグレヴィル・ウィンは、スパイの経験など一切ないにも関わらず、CIAとMI6の依頼を受けてモスクワへと飛ぶ。そこで彼は、国に背いたGRU(ソ連軍参謀本部情報総局)の高官ペンコフスキーとの接触を重ね、機密情報を西側へと運び続けるが……。グレヴィル・ウィンをカンバーバッチ、ペンコフスキーを「名もなきアフリカの地で」のメラーブ・ニニッゼが演じる。「追想」など映画監督としても活躍する舞台演出家ドミニク・クックがメガホンをとった。
監督 ドミニク・クック
出演 ベネディクト・カンバーバッチ、メラーブ・ニニッゼ、レイチェル・ブロズナハン、ジェシー・バックリー
作品詳細 2021年/112分/G/イギリス・アメリカ合作/英語・ロシア語
配給 キノフィルムズ
提供 木下グループ
公式サイト https://www.courier-movie.jp/
コピーライト (C)2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

MOVIE ムービー

  • 映画『クーリエ:最高機密の運び屋』予告編|9.23[木・祝]全国公開