かそけきサンカヨウ

かそけきサンカヨウ

人気作家・窪美澄の同名短編小説を「愛がなんだ」「街の上で」の今泉力哉監督のメガホンで映画化。高校生の陽は、幼い頃に母の佐千代が家を出て、父の直とふたり暮らしをしていた。しかし、父が再婚し、義母となった美子とその連れ子の4歳のひなたとの4人家族の新たな暮らしが始まった。そんな新しい暮らしへの戸惑いを、同じ美術部に所属する陸に打ち明ける。実の母・佐千代への思いを募らせていた陽は、絵描きである佐千代の個展に陸と一緒に行く約束をする。陽役をドラマ「ドラゴン桜」「ゆるキャン△2」などで注目され、今泉監督の「パンとバスと2度目のハツコイ」「mellow」にも出演した志田彩良、直役を井浦新が演じるほか、鈴鹿央士、石田ひかり、菊池亜希子らが顔をそろえる。
原作 窪美澄
監督 今泉力哉
出演 志田彩良、鈴鹿央士、菊池亜希子、西田尚美、石田ひかり、井浦新 他
作品詳細 2021年製作/日本
配給 イオンエンターテイメント
コピーライト (C)2020 映画「かそけきサンカヨウ」製作委員会 前へ 次へ