アフリカ系アメリカ人女性として初めて新20ドル紙幣に採用された奴隷解放運動家ハリエット・タブマンの激動の人生を映画化。「プレイヤー 死の祈り」の女性監督ケイシー・レモンズがメガホンをとり、「ホテル・エルロワイヤル」など映画でも活躍するミュージカル女優シンシア・エリボが主演を務め、主題歌も担当。第92回アカデミー賞では主演女優賞と主題歌賞にノミネートされた。

 

1849年、メリーランド州。ブローダス家が所有する農園の奴隷として幼い頃から過酷な生活を強いられてきたミンティは、いつか自由の身となって家族と一緒に人間らしい生活を送ることを願っていた。ある日、奴隷主エドワードが急死し、借金の返済に迫られたブローダス家はミンティを売ることに。家族との永遠の別れを察知したミンティは脱走を決意し、奴隷制が廃止されたペンシルベニア州を目指して旅立つが……。

 

共演は「女王陛下のお気に入り」のジョー・アルウィン、「ドリーム」のジャネール・モネイ。

 

ORIGINAL TITLE
Harriet
DIRECTOR
ケイシー・レモンズ
CAST
シンシア・エリボ、レスリー・オドム・Jr.、ジョー・アルウィン、ジャネール・モネイ、ボンディ・カーティス=ホール、マイケル・マランド、ザカリー・モモー、クラーク・ピータース、バネッサ・ベル・キャロウェイ、オマー・J・ドージー、ヘンリー・ハンター・ホール、ジェニファー・ネトルズ
DETAILS
2019年製作/125分/G/アメリカ
COPYRIGHT
Ⓒ2019 Focus Features LLC.
RELEASE
2020/06/05