シネクイント上映作品

イソップの思うツボ

動員数220万人以上、興行収入31億円を突破!2018年最大の話題作となった『カメラを止めるな!』の監督、上田慎一郎によるオリジナル脚本&トリプル監督作品が誕生。 上田慎一郎と共に監督を務めるのは、『カメ止め』で助監督を担当し、3月2日にAbemaTV でOAされ話題となった「カメラを止めるな!スピンオフ『ハリウッド大作戦!』」の監督に挑んだ中泉裕矢。2011 年の『円罪』で監督デビューし、『母との旅』『エンドロールを撮りに』が国内映画祭で話題に。3月2日には最新監督作『君がまた走り出すとき』が公開された。そして、『カメ止め』ではスチールを担当した浅沼直也も監督として参加。『冬が燃えたら』が、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017短編部門最優秀作品賞を受賞した新進気鋭のクリエイター。この3人は 2015 年に製作され、全国公開もされたオムニバス映画『4/猫 ねこぶんのよん』で各話の監督を担当した間柄で、この作品をきっかけに本作の製作を決意。異例の3人による共同監督として、それぞれ特徴を活かして演出。実に3年以上の年月をかけて製作された作品が、遂に公開!!

【STORY】
“家族”の仲も良く、カメだけが友達の内気な女子大生、亀田美羽。 大人気“タレント家族”の娘で、恋愛体質の女子大生、兎草早織。“復讐代行屋父娘”として、その日暮らしの生活を送る戌井小柚。
三人の少女が出会う時、最高の奇跡が起こる――。これは、甘く切ない青春映画・・・・ではない!
誘拐、裏切り、復讐、はがされる化けの皮! 予測不能の騙し合いバトルロワイヤル!

監督
浅沼直也、上田慎一郎、中泉裕矢
脚本
上田慎一郎 (共同脚本:浅沼直也、中泉裕矢)
出演
石川瑠華、井桁弘恵、紅甘、
斉藤陽一郎、藤田健彦、髙橋雄祐、桐生コウジ、
川瀬陽太、渡辺真起子、佐伯日菜子
2019/日本/シネスコサイズ/5.1CH/87分
配給
アスミック・エース
公式サイト
http://aesop-tsubo.asmik-ace.co.jp/
コピーライト
©埼玉県/SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ

MOVIE

映画『イソップの思うツボ』本予告 8/16(金)公開