【開場時間】12/14(金)~12/20(木)9:45予定

シネクイント上映作品

ウィーアーリトルゾンビーズ

出資

超音楽冒険RPGムービー、完成(なにそれ)
サンダンス映画祭グランプリ監督と、感情をなくした4人の13歳(LITTLE ZOMBIES)
2019年、新時代の才能による、映画革命


2017年、第33回サンダンス映画祭(ショートフィルム部門)にて、日本映画初のグランプリを獲得した監督・長久允。
グランプリ作『そうして私たちはプールに金魚を、』は“ネオジャパニーズ“と称され、タランティーノ(『キル・ビル』)やデイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』)といったフィルムメーカーを生んだ地で、圧倒的な存在感を放った——

そんな新時代の才能が、満を持して長編デビューを果たす!

キャストに、『そして父になる』にて福山雅治の息子役を演じた二宮慶多。
テレビCMや『クソ野郎と美しき世界』での好演も記憶に新しい中島セナ。
ドラマ『嘘の戦争』の水野哲志。天才似顔絵師として話題の奥村門土。
4人の新しい才能の発掘により、瑞々しくもかつてない少年少女像が誕生した。

また、佐々木蔵之介、永瀬正敏、菊地凛子、池松壮亮などの日本を代表する豪華名優たちも、監督の才能に共感し大集結。

クリエイティブチームは、グローバルに活躍する一線級のクリエイター陣。
劇中バンド“LITTLE ZOMBIES”の音楽は、ブルックリンに拠点をおくLOVE SPREADがエレポップな楽曲を提供。
創造性豊かな衣装はwrittenafterwardsの山縣良和。
ヘアメイクにハイブランドのランウェイを手がける加茂克也。
美術セットのアートワークには大物ミュージシャンのステージへも作品提供するアーティストユニットmagmaが参加。

「両親が死んでも涙が流れない」

まるでゾンビのように感情を失った少年少女たち。
音楽バンド“LITTLE ZOMBIES”を結成した彼らは、やがて予想もしない運命に翻弄されていく——

過去に存在するどんな映画にも当てはまらない感覚。
2019年、イマジネーションを刺激する
まったく新しいカルチャーが誕生する!

監督
長久允
出演
二宮慶多、水野哲志、奥村門土、中島セナ、佐々木蔵之介
配給
日活
公式サイト
https://littlezombies.jp/
コピーライト
(c)“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS

MOVIE

映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』特報(2019年6月全国公開)